2013年01月23日

はなのくちづけ

こんばんわ。ゆうみんです。
怒涛の年末年始が終わって、その間に演奏会やらソロライブやら新年会やらありました。

が!!!

いま、総括して日記を書いていたら全部消えたー!!!!!!


・・・ので、今夜は力尽きたので、また後日、つらつらと書きます(泣)

とにかく、茶柱一同、本年もよろしくお願いいたします!
posted by chabashira at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年11月14日

*出演者紹介*

こんにちは!お茶の会第七席に出演する素敵なミュージシャンを紹介させて頂きます♪

『シーナアキコと薔薇の木』(from東京)


今回、東京から来てくれる三人組のバンドです。やさしい歌声と心弾む楽曲が自然と体を揺らします。
マリンバ(木琴)を始め、様々な楽器を使いながら楽しい音楽を届けてくれます♪


『稲田伸太郎』


新潟県内にブラジルの風を吹き込んでくれる、数少ないミュージシャンのひとりです。
90年代に東京で活動したのち2001年に新潟へ活動拠点を移されました。心地良いギターサウンドと唄を届けてくれます♪


『茶柱』


そして、私たち茶柱です。
今回は長岡で初のお披露目となる楽曲に加え、カバー曲も交えながら演奏させて頂きます。


素敵な一日になる様に頑張りますので、みなさまどうぞよろしくお願いします*
御予約はこちらまで!!
▼メール
chabashira_common@yahoo.co.jp
▼電話 <どんぐりと山猫の森>
0258-86-7547
posted by chabashira at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年11月07日

お茶の会がやってきます!!

どうも、ご無沙汰していました!すみやです!

みなさん、毎日の気候の変化に疲れていませんか?
これから雪が降ると思うといまから億劫ですよね。

…でも、世の中楽しいこともあるのです!
お茶の会がやってきますよーーーー◎

-----------------------
『お茶の会 第七席 〜しあわせをはこぶ鳥〜』

フライヤー_G.jpg

茶柱がいろんな仲間を迎えてお送りする、ゆったりほっこり演奏会。
今回はゲストに「シーナアキコと薔薇の木(from東京)」「稲田伸太郎」を迎えての七席目を開催です♪

●詳細
日付:2012/12月9日(日曜日)
会場:どんぐりと山猫の森 (車でお越しの際は第二駐車場をご利用ください)
時間:14時30分オープン、15時スタート
チケット:2000円(1drink付き)、小学生以下1000円(1drink付き)
※席に限りがある為、要予約となります。

●出演
シーナアキコ
稲田伸太郎
茶柱

●チケット問合せ
どんぐりと山猫の森  TEL 0258-86-7547

思わず笑顔がこぼれるような素敵なミュージシャンに集まって頂きました!
どうぞ、ご家族やお友達、恋人と一緒にゆったりとくつろぎながら演奏を楽しんで頂ければと思います◎

・予約の際はお早めにお願いします。
-----------------------

*「さいとう あい展 〜61羽のとり〜」同時開催決定!!*
展示日程:11/26(月)〜12/8(土)
…さいとう あいさんによる可愛い絵が、会場を賑やかに彩ります。
ライブ当日はまた配置を変えてお送りします◎
posted by chabashira at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年10月10日

夜空を見上げて

こんばんわ。ゆうみんです。やっとこ涼しくなってきたと思ったら、寒いくらい。大好きな秋はどこいったんだー。
先日、『夜空の中の癒しライブ』に出演してきました。

1007-1-1500.jpg

日も落ちて、窓からは街の明かりが見えます。ひとつ、ふたつ。それぞれの生活の明かり。

開場すると、お客様がわんさか。

まずは、今回の主催者でもある橙〜daidai〜のお二人と、サンドアートのくるみるかさん。
コラボ出演ということで、橙のお二人の演奏に合わせて、その場でサンドアートが見る見るうちに変わって生まれていきます。
橙のオリジナルもとっても素敵で、見入って聞き入ってしまいました。

続いては、チャイルドライン新潟代表のコバヤシフキコさんのお話し。
チャイルドラインとは、子どもの「ことば」の奥にある「こころ」を受けとめることに全力を傾ける、「電話でつながるこころの居場所」それが、チャイルドラインです。
そんなのがあることも全く知らなかったし、誰かの話しを『聞く』ということ、分かっているようで、出来ていないことかもしれません。
話し上手で、さらに聞き上手、そんな人になりたいですね。

お次は熟年デュオRebirthのお二人。riekoさんののびのびとした声と。山崎さんの素敵ギターとあの声!哀愁漂う、まさにこの季節にふさわしいひととき。

福島の方のおはなし。
忘れていないようで、忘れていたこと。人ごと。毎日、当たり前のように生活していた自分の生活が、当たり前じゃない現実。
情景が生々しく浮かんできて、でもきっと、本当にその場に居ないと、一生分かり得ない真実。
でも、分かり得なかったとしても、その声に耳を傾けて、それを忘れないで、自分に出来る範囲のことをし続けることが、この先の未来の為に、今いる子供たちの為になるんじゃないかって思います。
私は、仕事があって、普通にお家があって、ましてやこうやって茶柱としてうたをうたって。
それが、どれほど恵まれていることかということ。
たった一瞬で、生活や、人生そのものが変わってしまう出来ごとにいつ遭遇するかわかりません。
そうなってしまった方たちが、紛れもなくここにいる。
みんなが笑顔で生きていくために、みんなが考えなくちゃならない。考えることをやめちゃいけないです。

きっと、当時の記憶がよみがえり、その後のつらい気持ちがよみがえって、話しをすること自体、苦しかったかもしれません。
それなのに。貴重なお話を、ありがとうございました。

その後は、表現朗読の水澤律子さん。物語を話すその声に、景色や感情が浮かびます。
きれいなお着物が、とっても素敵でした。

そしてわたしたち茶柱の出番です。
1206.jpg

今回は、遅くの出演だったにも関わらず、たくさんの人たちが残って聞いて下さいました。
癒しライブ、ということだったけれど、最後は元気に!みなさん、手拍子も下さって、本当にうれしかったです。
ご縁をくれた、橙ご夫婦、本当にありがとうございました!
ビュー福島潟も、とてもきれいな景色と、水辺の野鳥や植物を観察したり、水辺散歩が出来ますので、雪が降る前に、是非とも足を運んでみてください。
スタッフのみなさんも、あたたかく迎えてくださって、ほっこりしたチームでした。
音響のおじさま方も、若い!(笑)あんな大人になりたいです。

写真はお疲れさま会☆
1007-8-1500.jpg

次回ライブは12月9日までお休みです。お茶の会、やりますよ〜!!
詳細は近日はっぴょー!

『夜空の中の癒しライブ』セットリスト

1.波打ち際のように
2.こども
3.しゃぼん玉
4.コーンポタージュスープのおまじない

※写真はOffice-y-twoの吉村 靖さんより撮って頂きました。
posted by chabashira at 00:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2012年09月20日

秋時雨

新潟は雨が降ってジメジメです。なんだか秋って言うよりも、梅雨に近い感じですね。
どうも!お馴染みのすみやです。

最近はうちのメンバーが忙しいみたいで、更新がすみや、すみや、すみや…と。
決して個人ブログではありませんので、あしからず。

さて、ライブの報告をチラリ。
DS_12.jpg
こちらは北区JAZZ祭りのライブ前。ゆうみん、ギター練習中です!
でも、この日はギター弾きませんでした(笑)

そして、いざ本番です。
DS_14.jpg
夕暮れに掛けてのライブで、楽しく演奏させて頂きました。
お客さんにもゆったり楽しんでもらえたようで何よりです。
足を運んでくれたみなさま、ありがとうございました。

続きまして、先日の絵屋宵ライブの模様がコチラ。
196593_283193665118673_2104585269_n.jpg
この日は、カンダ アキラさんの映像とコラボレーションをしました!
カンダさんの映像はとっても素敵で、今回一緒に出来て良かったなあ〜と思います。

そして、なんと!!
今回映像を見られなかった人の為に、後日茶柱のPVとして公開することが決まりました◎
web上で公開しますので、乞うご期待ください。
そんな素敵な監督「カンダ アキラ」さんに関する情報は『コチラ』を参照ください。

ちなみに、この日は新曲も披露させて頂きました。
タイトル「あくび」という、これまたゆる〜い曲です。
「世界はあくびで繋がっている」というちょっと不思議な世界観。
是非またどこかの会場で聴いて頂けたら幸いです。

さて、そんなこんなでもう1つライブが近づいてきました!
これが終わるとまた12月までライブがなくなりますので、みなさんどうぞ遊びに来てください。
よろしくお願いします♪
夜空チラシ校正.jpg


※10月20日の山形県小国町『CONNECT』でのライブは、スケジュールの都合により茶柱は出演キャンセルとなりました。
posted by chabashira at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記